カテゴリー
ショッピングカートを見る
メールマガジン

参考になる馬術競技大会

乗馬技術をスキルアップさせるならば、上手い人を参考にするのが1番です。トップレベルの乗馬技術を持った人が集まる場所と言えば馬術の競技会ですが、こちらでは馬術競技にどのような種目があるのかをご紹介します。

馬術の競技種目

馬の馬術競技には4種類あります。

・馬場馬術(ドレッサージュ)
20m×60mの長方形競技アリーナ内で、人と馬がいかに美しく演技を行えるかが競われる競技。スピードやステップの難易度、ステップによって描く図形の美しさが競われる。いわば馬術版のフィギュアスケートです。
・障害飛越(ジャンピング)
競技が行われるアリーナ内に設置された様々な障害物を、順番通りに走行・飛越する競技です。飛越の際に馬が躊躇したり、障害物を落としたりといったペナルティもスコアに加味されます。
・総合馬術(イベンティング)
3日間かけて、馬場馬術、クロスカントリー競技、障害飛越を行う競技です。3日間を通して減点合計の少ない人馬が上位となります。
・エンデュランス
人馬一体となって行うマラソン競技です。走行距離は各大会によって異なりますが、長いもので160kmに及ぶものもあります。人馬共に体力・精神力を問われますが、ポイントごとに給水や馬のケアをしてくれるサポートスタッフの働きが重要になるため、チームワークが必要な競技です。

こうした馬術競技では体力や精神力、テクニカルな面だけでなくチームワークや相性の良い乗馬用品選びも当然重要になります。

オリンピックにおける馬術

第2回のパリ大会で障害飛越が行われて以来、近代オリンピックでも馬術競技が行われています。オリンピックの馬術競技は馬場馬術、障害飛越、総合馬術の3競技で行われます。人馬一体競技のため、オリンピックで開催される競技中唯一男女の区別なく行われる競技です。また、人が着用する乗馬用品も他の競技と比較すると独特なもので、馬場馬術競技はシルクハットと燕尾服、障害飛越競技は上衣(じょうらん)とネクタイが正装として義務付けられています。

トップレベルの技術

オリンピックをはじめ、様々な競技大会はトップレベルの選手が行う馬術のスキルを実際に見ることが出来るチャンスです。また、乗馬のテクニックだけでなく乗馬用品はどんなものを使っているのか、馬とのコミュニケーション方法などにも注目すべきポイントは数多くあります。初心者の方も参加しやすい競技大会もありますので、上達度に合わせて観戦するだけでなく参加してみるのも面白いと思います。

当店でも競技大会で使用出来る乗馬用品を取り扱っていますので、ぜひお問い合わせ下さい。

●クレジットカード

VISA/MASTER/DINERS/JCB/AMEX

●銀行振込

●代引き
\20,000以上ご購入で送料無料!

●送料無料商品 購入時は他商品も無料扱い!

●弊社お任せ便¥650(時間指定OK!小包のみ)(北海道・沖縄県別)

●時間指定便・代引き¥850 (北海道・沖縄県別)

弊社お任せ便以外は送料無料や送料割引条件は適用されません

☆発送資材はダンボールをなるべく使用しないEco梱包です。

☆リサイクル品を使用しておりますのでご了承ください。